介護求人を総社市で探している方へ

"介護者の歩ける高齢者の重荷を軽減という親切心からポータブルトイレを使用させたかもしれませんが、歩行の機会を奪い、結実的に能力の低下を招いたことになります。しかし、高齢者だという訳合いで、過保護になりすぎて、お老耄の能力を奪ってしまう台無しにする介護があるのも本当です。

 

引き合いとして、トイレからポータブルトイレ、そして高齢者の排泄作業において、オムツというステップです。その低下スピードが高齢者の時は速く、さらに旧に復する能力が短時間ため失われた運動能力の挽回は困難です。

 

このように入院生活が長くなると若々しい人間でも、運動能力が低下するように、高齢者も運動ことをやめると運動能力は低下します。介護の目的は現在のエネルギーを持ち堪えるまたは失われた能力の復活にあります。

 

例えて言えば、連日のぶらぶら歩きによって保持されていた運動能力も、夏場や冬場に外側の天候を事由に遊歩をやめていると、歩むエネルギーが急激に下がり歩行困難につながることさえあります。同じに、オムツの方が楽だという事由で使ってしまい、寝たきりを結果的には呼ぶ脅威があります。

 

"


ホーム RSS購読 サイトマップ