1. 介護のお仕事 (介護士.jp)
  2. 川崎
  3. 介護で働いてたら一度は聞く「名称独占」と「業務独占」とは?

介護で働いてたら一度は聞く「名称独占」と「業務独占」とは?

GUIDE_022
読了の目安
約58秒

社会福祉士及び介護福祉士第48条には『介護福祉士ではない者は、介護福祉士という名称を使用してはならない』とあります。

これは、名称独占を規定しているものです。
今回は、介護の仕事をしていたら一度は耳にする「名称独占」と「業務独占」について確認しましょう。

名称独占とは

名称独占とは、業務そのものは資格がなくても行うことができるものの、資格取得者以外の者は、その資格を名乗るを法令で禁止している資格です。

たとえば介護福祉士の資格は、名称独占の資格であり、同じような業務ができたとしても資格を持っていなければ「介護福祉士」と名乗ることはできないのです。

業務独占とは

業務独占とは特定の業務は特定の資格を取得している者しかできないとされている資格のことです。

わかりやすく例えると、『医師免許がなければ治療ができない』といったところです。

介護のお仕事無料転職サポート