1. 介護のお仕事 (介護士.jp)
  2. 川崎
  3. 介護現場で欠かせない!階段の改装ポイント3

介護現場で欠かせない!階段の改装ポイント3

GUIDE_025
読了の目安
約1分3秒

階段は、要介護者にとって、足をすべらせて転落や転倒を起こすことが多い危険な場所です。

自分は気にならないからといいって、軽視してしまうことは絶対にしないでください。

今回はそんな、階段などのステップで事故を起こさないようにする改装ポイント3を紹介します。

階段の改装ポイント3

①手すりをつけること、すべり止めをつけましょう

要介護者は、ステップではバランスを崩し転倒する危険性があります。

そこで、手すりをつけること、すべり止めをつけることをおすすめいたします。

②明るい環境を作りましょう

また、足元を照り付けることができるように、足元に照明をつけることもポイントの一つです。

②できるだけ低くしましょう

ステップをリフォームする時には、ステップの階段の高さを低くし、ステップの踏み面を広くとりましょう。
また、ステップの勾配45度以内にすることをおすすめいたします。

介護のお仕事無料転職サポート