1. 介護のお仕事 (介護士.jp)
  2. 川崎
  3. 要介護者の悩み ドライスキンをつくらないコツ

要介護者の悩み ドライスキンをつくらないコツ

GUIDE_031
読了の目安
約1分39秒

初めて介護をするときには、要介護者が起こしやすい「ドライスキン」について知っておく必要があります。

高齢になると、皮膚の角質やバリア機能の低下して、皮膚が荒れがちになります。
と太もも、すね、腰まわりなどが、「かゆくて眠れない」と訴える方も多いようです。

かきむしった結果、雑菌が入って炎症が起こることもあるので、注意が必要になります。
そこで今回は「ドライスキンをつくらないコツ」を紹介します。

なんで年をとるとドライスキンになりやすいの?

私たちの身体は、女性では40歳、男性では50歳を過ぎると、ホルモン分泌の変化して、皮脂や保湿因子はどんどん減少してきます。

そして高齢になると、保湿もむずかしく、皮膚にあった皮脂などのバリアを失った状態になってしまいます。

寒い冬はとくに空気が乾燥するので、ドライスキンが起こりやすくなってしまいます。

ドライスキンをつくらない3つのコツ

1.下着・寝巻きの選び方を注意しましょう

化学繊維やウールのものを使った衣類は、かゆみのもとになります。

できるだけやわらかいものを選びましょう。天然素材の木綿がおすすめです。

2.暖めすぎは禁物

あまり温度を暖かくすると、よけい皮膚が乾いてしまいます。

電気毛布を使う場合は高温にしないよう心がけましょう。

3.刺激物は、避けましょう

料理に香辛料などを入れると、よけいに炎症が悪化してしまいます。

アルコールもひかえるようにしてください。

介護のお仕事無料転職サポート