1. 介護のお仕事 (介護士.jp)
  2. 川崎
  3. 介護に欠かせない!トイレの改装ポイント

介護に欠かせない!トイレの改装ポイント

GUIDE_024
読了の目安
約1分14秒

介護におけるトイレの改装は欠かせません。

年をとるとどうしても足腰が弱くなり、和式トイレの利用は困難になります。

そこで今回は、要介護者のためにトイレをどう改装すればいいのかを紹介します!!

滑りやすいマットなどは利用しない

滑りやすいマットなどは利用しないことで、転倒などのアクシデントを未然に防ぐことができます。
ドアのぶは、引き戸の場合は取っ手タイプを使い、ドアが外開きの場合はレバーハンドルを使うとよいでしょう。

緊急時のために、トイレの中にインターフォンをつけておく

できる限り自分で排泄できるように、自立のサポートをしていきたいものです。

そして、もしものときのために、トイレの中にインターフォンをつけておくことを必ずしましょう。

要介護者の目線に立って考えましょう

年をとると指の力が弱くなり、のぶを握るのが難しくなります。

最近は、センサーで自動で便座の蓋が開くものや、ボタン一つで流すタイプのものもあります。
要介護者の目線になって、改装ひとつひとつを考えてみてください。

介護のお仕事無料転職サポート