1. 介護のお仕事 (介護士.jp)
  2. 介護のお仕事
  3. 介護の仕事のさまざまな働き方

介護の仕事のさまざまな働き方

IMG_2974
読了の目安
約4分3秒

介護は、加齢や障害により日常生活に不自由がある方のできない部分を手助けする仕事です。そのため、働き方もさまざまです。

入所型施設で働く

施設の中で利用者さんが生活しており、そこでの身の回りのお世話を行います。利用者さんの状態により、どの部分を手助けするのかは変わってきますが、
 
・入浴介助
・排泄介助
・おむつ交換
・体位交換
・食事介助
 
が主な仕事内容になります。
 

また、自分で動くことができる認知症の利用者さんが多い場合は、利用者さん一人一人の認知度に合わせた関わり方や認知症症状への対応を行い、障害のある利用者さんへは、一人でできない部分を手助けしていきます。 

通所型施設で働く

自宅で生活している利用者さんが日中の活動を高めるため、また主に介護をしている家族が家を出ている間など、さまざまな理由で通って来るのがデイサービスやデイケアと言われる通所型施設です。ここでは、施設よりも比較的身体介護は少なく一緒に活動をすることが多くなります。
入所型施設の仕事内容に加えて、
 
・レクリエーション
・運動
 
といった仕事内容があります。
 

また、お話好きな利用者さんとは会話を通して間接的に心のケアをすることも大切な仕事の一部です。 

自宅に訪問して働く

利用者さんの暮らす自宅を訪問し、そこで利用者さんの手助けをするのが訪問介護です。訪問介護の場合、私たちが自宅で生活するのと同じ内容を利用者さんと一緒や代わりに行います。
 
・買い物
・洗濯
・掃除
・料理
・入浴介助
・外出介助
 
といった日常生活に関わる内容が多くなります。 

そのため「家政婦さん」と言われることもありますが、何でもするのではなく、あくまでも「できない部分を手助けする」ということです。
また、寝たきりでも家族の介護を受けながら、自宅で生活する利用者さんはたくさんいます。その場合は、施設での仕事内容と同じことを家族が介護しており、私たちはその介護を一時的に家族の代わりに行います。そうすることで、家族が利用者さんの介護から離れられる時間をつくり、結果的により長い期間在宅療養ができるのです。 

入浴を専門に働く

自宅で生活する利用者さんの中には、なかなか自宅の浴室で入浴ができない利用者さんもいます。そのような利用者さんの自宅に浴槽を持って訪問し、入浴を介助するのが訪問入浴介助です。 
自宅での介護のうち、入浴のみを担当するため、訪問介護よりも仕事内容は限定されます。しかし、訪問入浴を利用している利用者さんは、寝たきりである場合が多く一番体力を必要とする仕事内容でもあります。 

病院で看護師と一緒に働く

病院にも、介護を必要とする方がいます。病院では看護師の指示の下、施設と同様の介護を行います。それに加え、
 
・検査のための移送
・医療物品の補助
・医療器具の準備、片付け
 
といった内容もあります。
 

そのため、働く中である程度の医療に関する知識も必要になります。
また、対象となる方が必ずしも高齢や障害のある方とは限りません。治療により自ら動くことが制限されている患者さんに関わることも多くなります。そのため、介護の仕事というよりは看護師と一緒に患者さんの看護に携わるという感じになります。 

いかがでしょうか。
自分のイメージする介護の仕事はありましたか?介護の仕事は、幅広くさまざまな働き方があります。みなさんも自分にあった働き方で、介護の仕事を楽しみましょう。 

介護のお仕事無料転職サポート